マウントレーニアクリーミーラテ

音楽とオーディオについて自由に書きます。アイコンとアカウントはウチのイッヌです。ブログの名前は思いつかなさすぎて狂おしいほど好きな飲料物の名前を借りました。偶然ですけどイッヌの色と被ってるんでセーフ。笑笑

イコライザー使ってます??っていう話

僕はこの前まで使ってなかったです……笑

イコライザーあるじゃないですか。ポータブルオーディオプレーヤーについてる多分1番地味な機能です。訳分からん画面。弄るのすら躊躇われる専門っぽい画面。で、弄ってみても何がいいのやら分からん……そもそも何が変わったのか分からん……そんな機能です。機能だと思ってたんです。笑笑

一応イコライザーをトーシロが説明すると、「自分の好みに音の聴こえ方を変える機能」です。ちょっと前の自分は「自分の好みはアーティストが出したい音そのもの!そもそもレコーディングエンジニアが必死こいてスタジオでミックスした音が最高に決まってるやろwww」って考えだったんで弄る気にもならなかったんですが、この前RUSHBALL行ったのもあって「もうちょっとライブみたいにベースとドラムの音強くしたいなぁ~」とぼんやり考えていた時に、色々調べてイコライザーのことを思い出しました。

結果から先に言うと弄って良かったな~って思ってます心から笑笑
狙い通りベースとドラムを持ち上げて、スタジオで綿密に調節されたボーカル、ギターが聴こえてきてマジ卍。マジ幸せ。笑笑

適当にオススメ イコライザー設定貼っとくんで参考にしてください。なんかiTunesイコライザー充実してるみたいですね!笑


f:id:ihcikimak:20180924215644j:plain

ベースブースター。文字通り低音強調する設定。まさに僕の求めていた設定。実際は大分アレンジを加えたから全然違うけど……笑


f:id:ihcikimak:20180924215848p:plain

トレブルリデューサー。ベースブースターと同じく低音強調するんですけど、こちらは「中音・高音を抑えて」「相対的に低音を強調する」設定。要はベースブースターほどガッツリではないけど、ベースブースターより自然に低音を強調する設定です。ベースブースターほど低音いらないんだよなぁ~って人はこちらをオススメします。ベースブースターでは満足できなかった人はこちらの設定もぶち込んでアレンジしたらいいと思います。少なくとも僕は満足しました。実際は大分アレンジを加えたから全然違うけど……(2回目)笑


f:id:ihcikimak:20180924220333j:plain

イヤガズムエクスプロージョン。モノホンの海外レコーディングエンジニアが「俺を信じろ!」ってブログで提唱した最高最強の設定。迷ったらこれにしたら良いと思います。僕は大分満足しました。今の設定もこれを元にしてますからね。ホントに聴こえ方が変わります。その海外の人も「俺を信じろ!」って言ってました。英語ですけど……笑笑

で、僕の設定はさっき紹介したイヤガズムエクスプロージョンにベースブースターを混ぜたような設定にしています。伸びやかな中音・高音に低音が程よく主張してきて物凄いグルーブ感。ライブ行ってるみたいやけどスタジオの理想のサウンドが聴こえてくる感じ。この設定に辿り着くのに3日4日掛かりました。

まぁこれだけ書いたけど別にどの設定が正解とかは無いです。人によって理想の良い音って人それぞれやと思うし(金子みすゞ感)笑
皆さんも是非、暇な時にイコライザー弄ってみて自分の理想のサウンドを見つけてくださいね!!笑笑

イコライザー (字幕版)

イコライザー (字幕版)

植田真梨恵ちゃん可愛いもっと売れて欲しい((o(。>ω<。)o))

歳上やけどちゃん付けしたくなるお姉さんです。笑

GIZAあるじゃないですか。アニメコナン主題歌をずっと担当してるあれです。B'zと倉木麻衣のツートップが親会社のあれです。笑笑

色んな事情が重なってGIZAに所属してるアーティストの曲を聴く必要があったんですけど琴線に触れたのが植田真梨恵ねーさんでした。笑

植田真梨恵。シンガーソングライター。自身で作詞作曲してらっしゃいます。川本真琴大塚愛混ぜたような歌声です(褒めてます)。乃木坂の齋藤飛鳥にが大人びて、多部未華子のテイストをちょっとだけ混ぜて持田香織の雰囲気加えたみたいなルックスです(これも褒めてます)笑笑

曲の特徴は、そんなに早くないBPMに早口でカオスな世界観の歌詞をぶち込んだおかげで実際より早く聴こえる!って感じです(適当)「REVOLVER」と「センチメンタリズム」聴いてもらったら意味が分かると思います。笑

でも彼女の真の魅力はテレビに出てる時とかライブ。喋るとほんまアホの子(Wikipediaも言ってました笑)。で歌上手い。CDと変わらないです。ライブで映えるタイプです。特に現代はランキングの価値が薄まってるけど、シングルもアルバムも大体20位~30位くらいをウロウロしてます。もっと売れて欲しい。切実にそう思います。笑笑


Amazonアドセンス通ったから貼り付けてみたけどちゃんと貼り付いてんのかな……(›´ω`‹ )


『REVOLVER』 (初回生産完全限定盤) (DVD+絵本付)

『REVOLVER』 (初回生産完全限定盤) (DVD+絵本付)

センチメンタルなリズム

センチメンタルなリズム

草野マサムネって30年間で歌声全く変わってなくて凄いなぁ~

もちろん良い意味です。だいぶ前に出たベストアルバム聴きながら思いました。笑

キャリア長くなるとほとんどのアーティストって歌声変わると思ってます。良くも悪くも。良い意味では昨日の川瀬智子。でも悪い意味の方がめちゃくちゃ多い。ファンやけどELT持田香織とか。(近日中にELTの記事書きます多分 笑)それでも好きやけど……(›´ω`‹ ) あと最近のラルクHYDEは酷いっていうレベルじゃないと思ってます。声質もそうやけど英語の発音。留学経験無いし喋れる訳ちゃうけど、それでも下手くそって分かる発音。高音も出てないし数年ラルクの活動してないし何やってるんですかね……笑笑

でも草野マサムネは変わらない。もうずっと同じ。上手。なんならスピッツ自体音楽性変わってない。素敵。ところでギターの人ってメンバーと仲良くやっていけてるんかな??1人だけヤンキーやけど……笑笑

スピッツは運命の人好き。サビのハイトーンボイス頭おかしい。歌詞の意味不明っぷりも好き。日曜日にバスの揺れ方で人生の意味分かるってどんな生活してるんや(困惑)笑笑

でも8823と1987→とメモリーズカスタムが一番好き。「俺らはロックバンドだ!」と言わんばかりの疾走感溢れる楽曲。スターゲイザーもあいのりの主題歌を飾ってて、当日ヒデとかスーザンが旅してたのを思い出す……。

ちなみに最新のベストは全曲リマスターされてるらしいです。2008年に出たSHM-CDとどっちが音質ええんやろ。SHM-CDはCDレンタルに落ちてこないんで財布が厳しいです……それでもハチミツだけ持ってるけど。(*´ω`)

あっそうそうスピッツはライブがえげつないらしいですね!ベースがめっちゃくちゃ暴れるって聞いていつか行ってみたいです。フェスとか出えへんかな。ってか出たことあるんかな……(ヽ´ω`)

最後にお知らせです。ある程度記事も増えてきたしこの後Amazonアソシエイトの登録します。別にお金稼ぎたいわけじゃないんで登録だけして広告貼らないかもしれないです。笑笑

ハチミツ

ハチミツ

THE SWINGIN' SIXTIESを聴いて川瀬智子ってだいぶ歌上手くなったなって

思いました。くっそ下手からヘタウマっぽい!って思えるくらいには笑笑

こんな冒頭で始まりましたが好きですよthe brilliant greenってか川瀬智子。トミー。Tommy february6Tommy heavenly6も好きです。歳とっても全く顔変わらず美人なままのところとか。ちょっとすれた感じとか。でも何より凄いのはバンド内で付き合って結婚してもグダグダにならずに活動続けられるところですね笑笑

で、そんなthe brilliant……めんどくせぇなブリグリでいいか。ブリグリは2014年にTHE SWINGIN' SIXTIESというセルフカバーアルバムを出しました。もちろんスレたトミーなのでただのセルフカバーじゃなくて60年代風のアレンジを加えて、トドメに新曲をぶち込んだ作品です。

60年代風ってなんぞ?って話なんですけど、簡単に言うとドラム控えめってかほぼ無しにして、代わりにボンゴとかハンドクラップとか入れて、アコギを前面に押し出して楽器少なめ&イントロで気合い入れて新録した歌乗せてるって感じです(適当)笑笑

それがまぁすっごい良くて、まず音。別に60年代信者でもなんでもないんですけど、音が簡素になった分一つ一つの音が主張し過ぎず目立ってて、すれた感じがさらに押し出されてて良い感じ。特に「冷たい花」が良い。冷たい感じがモロに出てる。「Blue Daisy」も良い。イントロカッコイイ。心折れても諦めてない感が強調されてる。
歌声も良くなった。これはもう冒頭で言いたいことを言いました。笑笑

ベストアルバムのブルースペック盤持ってたんで正直聴く価値あるかなぁ~と思ってたんですが完全にTHE SWINGIN' SIXTIESに立場を持っていかれてました。そんな名盤です。新作はよ(*`・ω・)笑笑

the brilliant green complete single collection’97-’08

the brilliant green complete single collection’97-’08

知らない間にハイレゾ音源が増えてた

飛行機待ちでクッソ暇なんで頭空っぽのまま書きます……笑

知ってる人にだけ伝わればいいんですけど、現在僕はCD音源をxrecode3でハイレゾ……DSD256に無理矢理変換して音楽を聴いてます。

無理矢理変換するんでモノホンよりは音質的に劣ってると思うんですけど、それでも容量が元(flac)よりも遥かに大きく(大体10倍以上?)なってるのでまぁそれなりに本物に近い音質で楽しめてるのではないでしょうか(適当)笑

無理矢理変換するのは2つ理由があって、フリーソフトなんで無料なのとそもそもハイレゾ音源でリリースしてるアーティストが少ないからです。

そう、少ないなぁ~と、思ってたんです……笑笑

で、この前気まぐれでmora開いて「近頃のハイレゾリリースはどうなってるかなぁ~」と見てみたら、なんと数年前に比べてめちゃくちゃたくさんのアーティストがハイレゾリリースしてるじゃないですか!!

これは嬉しいですね~なんせ無理矢理変換するんで、元曲が良い状態な程、完成品(と言ってもパチモノですが)も良い状態に仕上がるんです!!笑笑

ただネックなのはお値段で、1曲辺り400円くらいやったかなぁ~そう思うとまだまだCD借りた方が安く済むよね~と計算しながら、それでも楽しくmoraを見てました。

業界的にも世間的にもハイレゾが大分認知されてきて、音質厨の僕にとっては多少生きやすくなりましたね。何様かな??笑笑

GLAYのpure soul anthologyが凄い

7月31日くらいにGLAYpure soul anthologyが出ましたね。僕は8月の頭に買いました。筋金入りのファンはディスク2のデモ音源とか付属のブルーレイが目当てなんでしょうけど、ふつーのファンの僕は2018リマスタリングの出来具合が気になって買いました。笑

GLAYのanthologyシリーズはBEAT OUT ! 以降を持ってます。グロリアスが入ってるやつですね。発売20周年を記念して、古いアルバムを最新リマスタリングしてリイシューしてるシリーズです(*´ω`)

さて、今回のpure soulはとっても音が良くなっています!!それ以外のanthologyシリーズの音も格段に良くなっているのですが、ことさらpure soulはもう大激変!!って感じです。

YOU MAY DREAMはグチャグチャな中にも音の輪郭がハッキリしててライブを彷彿とさせ、pure soulは逆に1番での音を抑え、ボーカルを際立たせて神秘的な感じを醸し出しています。ビリビリクラッシュメンは特徴的なイントロに電子的なニュアンスが加わってよりカオス感を演出しています。ついでにアウトロが最後まで続いてます。

でも何より衝撃を受けたのはHOWEVERです!元々はオリジナル盤に入ってなかったご存知GLAYの代表曲。ベース音が大きくなっててロックバラード感マシマシの良リマスターとなっております!!

次のanthologyシリーズは順当に行けばheavy gaugeですね。1999年リリースなので2019年になります。あぁ、歳とったなぁ……(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)笑笑


pure soul Anthology

pure soul Anthology

2018.8.25 RUSHBALL1日目

題名の通りです。ポルカドットスティングレイとリーガルリリー目当てで行きました。笑

初めてフェスなるものに参加した僕。フェスってイキった大学生がドヤ顔で行くもんだと思ってたし、周りに話す度に「しんどいで!覚悟していきや!」って言われたのにビビりながら、昔気まぐれで行ったガールズファクトリーのタオルを装備して最寄駅へ……(ヽ´ω`)

長蛇の列に面食らって(マジかよ…半分と おぉ!フェスっぽい!のワクワク半分)、約1時間30分後に会場に着きました。そんなこんなでクリープハイプからサカナクションまで見た感想は……


すっごい良かった(小学生並みの感想)笑


もちろんフェスに出るアーティストの曲をある程度YouTubeで聴いてから臨んだのもあったけど、フレンズはMCめっちゃくちゃ面白かったし 動画見た時は全くときめかなかったのに 歌ってる女の人が可愛く見えました。
目当てのポルカドットスティングレイは雫ちゃんが やたらタイトなジーンズ履いてて、金髪に染めてたこともあって最上もが そっくりでした。笑笑
友達が推してるBIGMAMAも良かったし「これは盛り上がるやろなぁ……」と思ってたキュウソネコカミは案の定盛り上がりました。
トリを務めたサカナクションは幻想的でレーザー飛ばしまくって最後に打ち上げ花火で綺麗に閉めてました(*´ω`)

同じ会場にいた人に快く写真も撮っていただいたし、列を乱す人は1人もいませんでした。治安の悪さにビビってたのがアホみたいに思えました……良かった良かった。笑笑

さて、そんなフェスで1番衝撃を受けたのがリーガルリリーでした!

ACMTっていうメインステージに併設された、距離が近いステージで演奏してたんですけど 間近で見る彼女らの迫力に度肝抜かれました。そして合間のMCのグダり……じゃないや、マイペースっぷりがとても微笑ましかったです。彼女らはライブで魅了するタイプですね。CDで聴くよりグッと引き込まれました。それを言ったらどのバンドのライブ聴いてもそうやろってなるんですけど、特にリーガルリリーではそう感じました。

とっても楽しかった一日。またフェス行きたいなぁ~直近はコヤブソニックか~気になるなぁ~と心から思いました。日焼けした手足の痛みと筋肉痛の両足の痛みと共に……笑笑

一大事

一大事

the Telephone

the Telephone